イママジの正しい楽しみ方

まずコーヒーを入れます。
それも熱々のコーヒーです。世の中が夏で、クーラーとアイスと水着のお姉ちゃんのことしか考えられたかったとしても、ホットにすることが大切です。
なぜなら、コーヒーは本来香りも楽しむ飲み物だからです。
ホットコーヒーなら湯気に乗って香りが鼻まで運ばれるため香りを楽しむことができるのです。
まあ、アイスコーヒーでもコップに鼻を近づければ香りを嗅ぐことができるので、どうしてもアイスが良い方は鼻を近づけてください。

コーヒーの中でも、インドネシアなどで生産されている「コピ・ルアック」は、幻と呼ばれ、世界一高価なコーヒー豆と言われています。
この「コピ・ルアック」は、動物の糞から採取したコーヒー豆のことで、香しい香りとコクが特長です。
例えるなら、「宇宙に咲く花を眺めるイルカさん」と言ったところでしょうか。
まあ、筆者は飲んだことはありませんが、想像を想像するにそんな感じだと思います。

日本では家庭用のドリップコーヒーメーカーの需要が高まっています。
インスタントでは物足りないが、本格的に飲むほどでもないと言った方にウケているという背景がある傍ら、最近のドリップコーヒーメーカーはかなりレベルが高いというのもあげれられます。
プロのレストランにおいても遜色ないという深みや味わいが生み出せるので、味がわかる「超コーヒーマスター」あるいは「超絶コーヒーマスター」でない限りは、これで充分です。
その味わいを例えるなら「宇宙に咲く花を眺めるイルカさんとラクダさん」といった感じかもしれません。
まあ、筆者は飲んだことはありませんが。。。

1杯10万円もするコーヒーが日本で飲むことができます。
なぜ、そんなにしてしまうかというと、熟成期間が関係しております。かなり長い期間コーヒーを熟成させているため、希少価値が高くなるのです。
その口当たりはさらさらとしていて、コーヒーというよりは少しアルコールに近い味がします。
ただし、やはり口から鼻に抜けるその香りは、かなり奥が深く、その奥に沈み込むような感覚になります。
例えるなら、「宇宙に咲く花」と言ったところでしょうか。
まあ、筆者は飲んだことはないのですがね。

つまり、何が言いたいかというと、コーヒーは最高に美味しいよねということです。
そして、そのインスタントコーヒーをホットかアイスで入れましょう。

そのコーヒーを片手にイママジを開いて、まずは見て楽しんでみてください。

イママジは素材サイトですが、作品のフレーバーテキストや、素材サイトを無視したネタ作品など、見るだけでも楽しむことができます。見るだけであれば、面倒な利用規約などを読まなくてもかまいません。

そして、感想等ありましたらメールにてご連絡いただければ嬉しい限りです。
その嬉しさを例えるなら「コスモスを摘んでる少女」という雰囲気です。

それでは、引き続きごゆるりとイママジをお楽しみください。

イママジ管理人:プルン・プリン・プッチリーニ

>>詳しい利用規約はこちら